風便り

日常の出来事やなにげに思ったことなどを
気の向くままに書いたブログです。
 
小説・『姑獲烏の夏』 を読み終えました!
『姑獲烏の夏』やっと読み終えました!

結構、かかっちゃいました汗
漫画は遅いんですが、小説は読むの早いんですけどね・・・。

でわ、どばっと感想を。


面白かったです!!
ホントに面白かった、気に入りましたラブ
読み応えのある内容とゆーか、筋立てとゆーか。

本を薦めて下さった、B.T.さん!
ありがとうございましたm(_ _)m
あの声がなければ、たぶん、絶対読まなかったと思います。
もったいないことをする所でした。

シルフが買ったのは、上下巻に分かれてる分冊文庫版です。
上巻の本当に初めのくだり。
主人公像がそこではっきりさせられるのですが、
そこが非常に・・・・・・・・・・・・読みづらいです・・・・・・悲しい

主要人物に、主人公・京極堂、新人作家・関口、探偵・榎さん
刑事・木場 と4人がいるのですが、
この京極堂が、すんごいクセモノで汗

延々と京極堂理論が展開されているのですが、
これが解らない! なかなか頭に入らない!
京極堂、独特の言い回しが、非常にややこしく、
「この人、一体何言ってんの!? むきーっ!(`Д´)」
って、なかなかその章から抜け出れませんでした汗

こーゆー、理論のお話なのか!? 
それなら、もう無理かも・・・悲しいと思ってると、
すこん、と話が本題へ繋がったんです。

その繋げ方が見事だったんです。
繋げ方と言っても、京極堂が理論をずっと話し続け、
本題に全く関係のないようなことを延々と関口に説明する中、
「つまりはそーゆーことだよ」と突然、最初に投げかけられた
質問の答えに辿り着くんです。

漠然と、あぁ、なんかすごいぞ!!
と思って、だんだんワクワクしてきたんです(^p^)
人物が動くと、話も進み、どんどん惹き込まれていきました。

playa del solさんもおっしゃっていましたが、
ホントに人物設定がきっちりされているので、
京極堂の理論以外は、非常に入りやすく、読み易いです^^;

でも、下巻にいく頃には、その小難しい京極節も
小気味良く響くようになります拍手
京極堂の出てこないシーンは、締りが悪いぐらいな勢いです。

後半、京極堂の謎解きによって明かされた真実に、
そ、そうだったのかーーー!びっくり
絡み合った糸がやっと解かれて、すっきりですvv

登場人物で言うと、京極堂や榎さんのような、
不思議キャラは大好きです♪
もっと榎さんに出番を・・・!

まぁ、実際にお近づきになったら、イライラして
しょうがないかもしれないけど。
「もっと解るように話さんかいっ怒りマークって(笑)

すごく嫌いなのが、関口でしたね。
彼がいないと、この小説も成り立たないのも解るのですが、
イロイロと腹が立ちましたねー。
一番、人間らしいんですよ。
一番、人間臭さが強いから、同族嫌悪とでも言うのかなぁ、
何も出来ない自分とか、口だけの自分とか、
そーゆーのが、イライラを増幅させる原因だったかな。

おっと、こんなに書いちゃって大丈夫かな汗
今後読まれる方もいるだろうから、
詳しく書いてはいけない!と思っていたのに・・・冷や汗
あらすじは書いてないから、大丈夫かな??

次作『魍魎の匣』も読みたいと思ってますp(^-^)
| シルフ | アニメ/小説/漫画 | 00:24 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ


RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop