風便り

日常の出来事やなにげに思ったことなどを
気の向くままに書いたブログです。
 
今から大騒ぎ。
昨日、書いたとおり、来月のGWに
兄が彼女を連れて帰ってくる。

それに伴い、我が家は、とゆーか母が、
朝から大騒ぎでした。

お掃除からお片づけから、何を今からそんなに必死か!?
って呆れるほどですしょんぼり

まぁ、来るだけならそこまで慌てないんですが、
ほら、泊まるじゃない?

兄が東京に行ってから、兄の部屋は荷物置きと化してるから、
その荷物を片付け、変な物(?)を片付け。

来るのは来月だって言うのに、
ジュースとかなんかお菓子とか買い揃えだすし冷や汗
落ち着け。


お昼ごはん時の会話。
シルフ 「お風呂ってやっぱ入るねやんなぁ?」
ママ  「そら、シャワーぐらい浴びるんちゃう?」
シルフ 「せやんなぁ」
ママ  「あ、シャンプーどうしよ? 何使ってんねやろ?
     買っといてあげなあかんな?」
シルフ 「え。いらんやろ、うち、いっぱい種類あるし、
     そんなん、わざわざ(-"-)」
ママ  「あ、パジャマ用意しといてあげなあかんな!」
シルフ はぁ!? (゚Д゚;) それこそいらんわ!
     持って来はるやろ! ホテルにも泊まんねやし」
ママ  「持ってけーへんやろ、そんなん。荷物になるし」
シルフ 「人の家に泊まりに来んねやから、持ってくるよ普通」
ママ  「そうかなぁ。お兄ちゃんに聞いとくわ」
シルフ 「・・・好きにしいや・・・しょんぼり


ママ  「シルフ、あんたちゃんと喋ってや?」
シルフ 「いや、何喋ってえーかわからんし汗
     お兄ちゃんに任せるわ」
ママ  「ほんま何、喋ったらええんやろなぁ汗
シルフ 「嫌やわぁ、緊張するわー。いきなりやもんなぁ」

ふと、父がこの話題に一切、触れてこないことに気づいた。

シルフ 「お父さんは、緊張せーへんの?」
ママ  「昨日話してもな、驚きもせーへんねんで。
     ふーん、って」
シルフ 「なんで? 初めてのことやのに」

パパ  「・・・・・・・・・」黙々と新聞を読む。


シルフ・ママ「・・・・・・」


何とか言わんかーいっ (ノ ゚Д゚)ノ == 彡┻━┻


解らん。
父親ってわからん(-"-)



ご飯食べに行くのも、どこがいいのかわかんないし。
我が家は古いのか、今もそうなのかわかんないけど、
"お肉"ってごちそうなのね。ステーキ。

お兄ちゃんが帰って来たら、だいたいステーキを食べに行くの。
だから、お肉でいいんじゃないのって言ってるんだけど、
"しゃぶしゃぶ"に行こうかと父が言う。

シルフはしゃぶしゃぶって、そんなに好きじゃないし、
初対面でいきなり鍋で、彼女はお肉が食べれるだろうか?

シルフなら絶対、食べれない汗
最初から自分の分って決まってる皿料理なら食べれるけど、
鍋はきつくないですか?

いや、まてまて。
そんなおどおどして気後れしちゃうような子が、
いきなり泊まりには来ないか!?(-ρ-)

うーん・・・。
解らん。


父も兄も彼女も、わからーんショック汗


ちくしょう。
ラスベガスの前に、ずいぶんなイベントが・・・_| ̄|○lll


| シルフ | シルフ日記 | 23:53 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ


RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop