風便り

日常の出来事やなにげに思ったことなどを
気の向くままに書いたブログです。
 
『踊る』三昧。
昨日のことなんですが、久々に映画を観て来ました♪

踊る大捜査線3が、やっと公開したんで、
観たくて観たくて仕方なかったんです(>▽<)

最初は違う日に『踊る3』だけを
観る予定だったんです。

でも相方さんから、
ドコモ動画でやってた係長 青島俊作
劇場で公開されるらしいって情報が!

シルフはauなので、
『アマルフィ』の時から、
それはそれは歯がゆい思いをしてましたショック汗

それはぜひとも観たい!

ってことになって、
7日〜13日の間しか公開しないので、
スケジュール的に昨日の9日しかなかったんですよね。

18:30と22:10の2回上映のみ。

ちなみに関西では梅田・ナビオのTOHOシネマズのみです。


シルフの仕事が18時まで。
終わって梅田に到着するのが、ちょうど18時半頃なんですよね。

ギリギリだなぁ・・・汗
走ればもうちょい早くなるから、観れるかなぁ・・・ショック汗

22:10のにすると、
待ちくたびれて眠ってしまいそうだし。。。

んで、どうせなら全部まとめてしまえ!

ってことで、

18:30 『係長』
21:00 『踊る3』

のチケットを前日に購入しました楽しい桜

『係長』は1000円
『踊る』はレイトショーなんで1200円なり拍手


当日、ダッシュですよ汗汗

定時きっかりにあがって、
職場出るなり走りましたとも(-ω-)

おかげで、劇場には20分に着きました拍手
1人汗だくでしたけどね。。。

相方さんとは劇場で待ち合わせしてたんで、
そのまま合流して、『係長』ですvv

※『係長』は予告なしでいきなり本編から始まりますので、
 行かれる方はご注意を時計



『係長』終わってから、ご飯食べてすぐまた戻って『踊る3』へ。

『踊る3』が終わったのが23時半とかだったかなぁ。

電車乗って帰る時にはもう翌日でした☆


なんか久々にタイト(?)に遊んだので、楽しかったです♪






感想ってわけでもないんですが。

『係長 青島俊作』

全12話を一挙公開なわけですが。
シルフはこれは面白かったです(^-^)

1話ずつ時間をおいてみると面倒くさいし、
面白味が減るような気がするけど、
一気に続けて見るとだるさもなく見やすい。

で、意外にお話もしっかりしてる(笑)

いや、お話ってほどでもないんだけど汗
ちゃんと作られてる。

全12話の中の第7話が好きvv
中国のスリ集団のリーダーを取り調べる話なんだけど、
今作から登場する王さんがいい味出てました。


『踊る大捜査線3』

んー・・・今回はなかなか残りにくいお話かなぁ・・・。

内田有紀ちゃんとか強行犯係のメンツがごっそり変わっちゃって、
そいつ誰やねんみたいなね。

事件っちゃ事件が起きてるんだけど、
1,2の時みたいに青島たちが必死で捜査する、みたいなのでもないし。

かといってつまらないわけではないんですけどね。
別に中だるみ的なトコはなかったし。
ずっと集中して観ていられました。

「ふふ」って笑いも所々に用意されてます。

そうね・・・寂しかったのが、
深津ちゃんがろくに絡んでこない悲しい

ちゃんと必要なとこでもちろん出てくるんだけど、
今までに比べるとね・・・。

柳葉さん扮する室井さん。

今回は出番が・・・。
立場が上になっちゃったんで仕方ないんですけど、
現場には現れない。

ゆえに青島とも交流がない!(>△<)
あの絆を見るのが、すごい好きだったのになぁ・・・。

んで、忘れちゃいけない和久さん。

1回だけね、声で登場するんですよ。
そこは、その声を聞いただけで胸が詰まりましたね悲しい

やっぱり和久さんっちゅーか、いかりやさんはいいなぁ〜って。


『踊る〜』はこれからも続いていくようなんですが、
どうなっていくのかなぁ。

もちろん、見続けますけどね☆




| シルフ | 映画 | 16:34 | comments(2) | - |
映画『インビクタス/負けざる者たち』を観て来ました。
クリント・イーストウッド監督作品でございます。

いや、もう一言ですね。

すごく良かった!拍手


あんまり派手に宣伝してないし、
言っちゃ悪いが、タイトルも心に残りにくい汗

ただ、「本当にあった話」としか知らない。

そんなに期待をしすぎることもなく観に行ったわけ。


無駄な話がなく、最初から最後までのめりこんで観れたグッド


「正義の人」って言うとちょっと違うことになっちゃうかもだけど、
平等・自由・赦し。
これらを声にし、自身の行動で示し、心血を注ぐ。

胸がつまるよね。

やっぱすごいなって。

迫害を受けたり、差別の中で生きるしかなかったり。
憎しみが生まれるのは必然で。

見下してきた人種が上位にたった。
屈辱かもしれない。

でも。


黒人だとか白人だとかではなく。
1人の人間として、国を思ってほしい。
この国を大事に思うのに、肌の色がなんの関係があろうか。
手をとりあって、未来を築きあげたい。
ただ、良い国を作りたい。
だから、

「力を貸してほしい」




大統領を警護する黒人部隊に白人部隊が配属される、
黒人リーダーは大統領に何故かと問う。
「彼らは仲間をたくさん殺した」と一緒には働けないと憤る彼に一言。


「赦しから始まるのだ」



心が震えます。

じわ・・・って熱いモノが込み上げて来ます。



人種差別とか迫害を受けた人たちの苦しみなんて、
シルフには計り知れない。

『赦し』ってすごく重い言葉だと思う。


簡単じゃないから。




こんな風に書くと、差別とかのドロドロした作品なのかと思われそうだけど
全然違います汗

逆にさわやかなぐらいです。
スポーツがメインですから☆


「南アの恥」とまで言われたチームが、
勝ち進んで優勝してしまうわけですが、
その過程が素晴らしいですね。

いろんなことが1つになっていくんです。
ラグビーだけど、単なるラグビーと言うスポーツではないんですよね。


チームが1つになり、
警護チームの心が1つになり、
応援する国民が1つになり。


『南アフリカの誇り』が宿る。


誰もが喜び、誇りに思う。

1つの国。





すごいな、良かった。。。(TρT)

って言葉しかホント 出てこない。





「指導者」って大事。。。



シルフ的には
『グラン・トリノ』よりもこっちの方が好きですね(^-^)


| シルフ | 映画 | 16:41 | comments(0) | - |
『THIS IS IT』を観て来ました!
「リハーサル映像を映画化する」と決まった時から、
絶対に観に行く!!と決めていました。

マイケル大好きなんです!


海外アーティストにはまったく興味がないとゆーか、知らないんですけど
マイケルだけは好きで。

全盛期はもちろん知りませんが(^_^;

「洋楽で誰が好き?」
「マイケル!」
「・・・ベタやな」

と洋楽好きの人にはよく鼻で笑われました。。。(-_-)


でもさ。
歌にしても、ダンスにしても
マイケルを超える人はいないとずっと思ってたんだけど。

この映画(映像?)を観て、
それは間違いないと再確認しました。



すごくすごく良かったです! o(>_<)o


「ブラボー!」の一言です。


好きな曲が歌われると、つい頭を動かしてのっちゃうんですけど、
周りはとても静かなんで、こらえて手でリズムをとるようにするのが
大変でした汗



しかし、50歳の動きじゃないね。
あれを見ちゃうと、ホントに体はボロボロだったのか!?と。

オーディションを勝ち抜いてきた精鋭のダンサーたちが、
マイケルと共に踊っているわけですが、
もう、別格だものびっくり

あのキレとゆーか、しなやかさは誰にもマネできないし、
領域が違うんだなぁ・・・ってしみじみ思いました。


それに、物を創造する・創り上げることにたいしての意識がすごい。

何が悪いのか。どうすべきか。
最高にする為の指示が、
ものすごく客観的で的確。

相方さんが、
あれは「同業者が見るべき映像」だと言った。

その通りだなと思いました。



観てる間中、鳥肌が立って、なんか泣きそうにもなりました。


マイケルがどんなに慕われているか、
どんなに多くの人の憧れであるか。

スタッフみんながマイケルのファンで、
みんながこのステージを大事に思ってて。

何よりマイケルが一番楽しみにしていたんじゃないのかなぁ・・・って。



素晴らしい贈り物でした拍手



そうそう。
パンフを買いたかったのね。

すごく高いんだろうなぁ・・・って覚悟してたんだけど、拍子抜け。

販売してなかった。

映画として作られたものじゃないから、
パンフレットは制作してないんだって。

言われてみればそうだなと思うけど、
なんか、写真集じゃないけど、リハーサルしてる写真とか
スタッフの言葉とかが載ったものが欲しかったなって。

何も買わないのは寂しいから、
記念にシールセット買ったの。

1260円。。。


たか。。。
踊らされてます(-_-;






| シルフ | 映画 | 17:51 | comments(0) | - |
映画『アマルフィ』を観て。
実は、織田裕二 大好きなんですラブ

ベイコム以外で当たったことのない試写会にダメもとで応募したら、
なんと当選してくれちゃって!びっくり

いやっほーーい!!o(≧▽≦)o桜

ってことで観て来ましたvv


織田裕二、好きなんです。好きなんですが、
残念ながらあまり良い映画作品はなかったりするんですよね。

『踊る大捜査線』はドラマから大好きですが、
『ホワイトアウト』や『TRY』はねぇ・・・しょんぼり

どっちも原作は良く出来た面白いものだけにもったいない。

今回の『アマルフィ』は、『ホワイトアウト』の原作者・真保裕一氏の
書き下ろしです。

企画・プロデュースに『冷静と情熱のあいだ』の大多亮。

監督に『容疑者Xの献身』の西谷弘。

そして、エグゼクティブプロデューサーに『踊る大捜査線』の亀山千広。

有名ドコのスタッフの集結ですね。


映画観終わってから『冷静と情熱のあいだ』のタイトルがあって納得。
そんな感じの空気感が漂ってました。好きです。


映画の感想としては。。。

「面白い!」と大きな声ではっきり言うことは出来ないけれど、
「面白くない」とは思わない。悪くないよ と。


犢田瓩噺世γ砲蝋イですね。


豪華なキャストが売りなんでしょうが、
確実にいらないだろう・・・って方々もいらっしゃる。


でも観終わった後に
「なんだこんな終わりかよ」ってことはなかった。
すっきりキレイに終わってくれてるので良かったです。



| シルフ | 映画 | 02:16 | comments(1) | - |
『パコと魔法の絵本』を観て来ました。
昼から時間が出来たので、
ちょうど良さげな時間で探すとこれだった。

もちろん、観たいと思ってたからいいだけど。


いやー、良かったですよ嬉しい拍手
泣けた、コテコテの関西のノリに笑った。
忙しい映画でした☆

始まってしばらくは、
『やべぇ、失敗したしょんぼり
って思ったんですよ(笑)

とにかく騒がしいし。
映像もテンションも。

でも、キャラがはっきりしてるし、
余計な話を挟んで軸がぶれることもないから、
中だるみもなく、一気に駆け抜けるので、
疲れることはなかったですね。

ちょっと笑って、いっぱい泣いて。
すぐまたちょっと笑って、号泣して。

そこは疲れます(笑)
泣きすぎて、頭痛くなりました☆


パコ、かわいいですラブ
とっても良い子。

お話的には、とってもストレートなお話ですね。
予想外の結末とかそーゆーのはなく。

でもしっかり楽しめる。


妻夫木くんには、ちょっと引くけど。。。
『あぁ、そうきたか・・・(-"-)』と。



シルフが席についた時は、結構空いてたんですけど、
照明おちて予告とかが始まりだすと、
どんどん席が埋まっていきましたね。


観終わった後は、なんかすがすがしいと言うか、
さっぱりした気分で映画館を後にしました。




| シルフ | 映画 | 20:43 | comments(0) | - |
『おくりびと』を観て来ました。
めちゃくちゃ良かったです!o(>_<)o

もう、ぼろぼろ泣きます、泣けます悲しい

少し笑いもあってね。
みんな素晴らしい演技で。
いい作品を観たなって大満足です。

ちょっとびっくりしたけど、
お客さんがおじさんおばさんから上の年代の方が
すごく多かった。


いろんな人が、いろんなことを思う映画だと思います。
シルフもいろんなことを考えさせられました。

納棺師のお仕事。
それはとても大変で、過酷で、偏見の塊で。。。

けれど、その人の人生の最期を飾り、
キレイな身体で安らかに旅立たせてくれる
それはそれは尊くて優しさに満ちたお仕事。



続きを読む >>
| シルフ | 映画 | 00:15 | comments(2) | - |
『ザ・マジックアワー』を観て来ました。
やっと観に行って来ました〜♪


めちゃめちゃ面白ーーーい!! o(≧▽≦)o


めっちゃ笑った〜。
あんな笑って映画観たの初めて!楽しい

『インディ・ジョーンズ』の時みたいに、
「くすっ」って肩が揺れる程度とは比べ物にならん。

声出して笑った笑った(^-^)汗
みんな笑ってた。


梅田の旧ナビオに観に行って来たんだけど、
あそこ、17時と20時の2回しか今上映してないのね。
公開してからずいぶん日も経つし、
余裕でいい席で見れるだろうと思ってたら、
15時の段階でもう全然いい席ないの!冷や汗

めっちゃ前か後ろの最端しか残ってなくてびっくり☆
小さいシアターやったから、
前はキツイから端っこでも後ろの席にした。
ホンマに小さかったから、端っこでもすごい見やすかった^^;

始まってみれば、満席!びっくり
えぇー めっちゃ人気あるやんっ汗汗


いい役者さんばっか揃ってるし、絶妙です拍手


佐藤浩市はギャング映画に出演している役者として演技してる。
でも彼の周りのギャングたちは本物。

会話がかみ合うはずないのに、
うまい具合に絡み合っていくのが面白くて面白くて(笑)


よく出来てますよ、これは楽しいグッド





| シルフ | 映画 | 23:21 | comments(0) | - |
『崖の上のポニョ』を観て来ました。
ポニョ ポニョ ポニョ さかなのこ♪


観て来ました〜嬉しい拍手

うーん、よくわかりません!(笑)


面白いとも面白くないとも言えません汗

うーん、とりあえず、常にひたすら動いているので、
目は離せません。眠くなることはなかったです。


CGを一切使わず、手書きの作品。
手書きでここまでやれるのか!

ってことが、まずこの作品のポイントになるわけですが。


うん、素人のシルフにはわかりません!
手書きの凄さとかはピンとこないですしょんぼり

CGじゃないのはわかるんだけど、
手書きだからどう凄いのかってのは、ね。。。汗
宮崎監督、すいません。

手書きのあったかみ、みたいなのは感じましたけどね。


あぁ、ひとつ残念だったのが、食事シーン。
宮崎監督と言えば、食べ物が異常に上手ってこと。
何でもめちゃめちゃ美味しそうに見えるじゃないですか。
それが今回は感じられなかった。

サンドイッチやインスタントラーメンを作るシーンとかあるんですけど、
まったくと言っていいほど、持ち味は活かされてませんでした。

あったかい飲み物にはちみつを混ぜるシーンがあって、
唯一そこだけ、宮崎監督らしい色は出てたけど。

それだけが残念かな。


内容的なことは、ホントに何とも言えない汗
気がつけば終わり、みたいな。

そう言えば、ずっとポニョはなんの魚なのかと思ってたけど、
金魚なんだねー。

あれはあの世界で普通の金魚なのかと思ったら、
やっぱり人面魚なんだねー。

金魚・半魚人・人間とくるくる変わるんですけど、
半魚人のポニョはかなり怖いです冷や汗
怖いっちゅーか、気持ち悪い。



夏休みってこともあって、
とにかく人が多かったですびっくり汗
おこちゃまもいっぱい。

映画終わった後、おこちゃまが「ポニョ ポニョ」歌ってました(^-^)
人気なんですね〜。



| シルフ | 映画 | 22:33 | comments(2) | - |
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観て来ました。
先輩と観て来ました嬉しい

先輩はインディ好きで、全作観てるんですけど、
実はシルフ、観たことなくて汗

嫌いなわけでもないんですけど、
なんか観る機会がなくて。

何だろう。
もともと、冒険モノってあまり観ないかな・・・。
宝とか興味引かれないのかも。

でも今回のはすごい宣伝してたじゃないですか。
ハリソン君、ご老体に鞭打って頑張ったし(笑)
そーゆーのを見て聞いて、今回のはちょっと見てみたいなと。

そう思ってたところへ、先輩からのお誘いがあったので、
ナイスタイミンググッド


レディース・デイっての抜きにしても、
結構な人が入ってました。
やっぱり人気あるんですねー。

シルフ達が観に行くちょっと前に、別の先輩が観てきて、
「もひとつやった」って言ってたから、
あんま期待してなかったんですけど、

どこがどこが!

面白かったよぉ!楽しい拍手


笑える(^▽^)
あーゆー、笑いのある話だとも思ってなかったから、
「ふっ」って。
思わず笑って肩が揺れる(笑)

でも、シルフの右側に先輩が座ってて、
左がおじちゃんだったんだけど、
揺れてる様子、ないのね(-_-;

顔は緩んでんだろうけど、
肩が揺れるほどではないみたいで。
だから1人笑ってるのが、気恥かしかった汗

でも、更に先輩の隣の人達は、これまたすごい勢いで笑ってて冷や汗
めちゃ堪能してます!って感じに楽しんでて。

おまけに、ハリソン君が危険になると、
「あっ あっ」
て心配そうな声をあげるの^^;

あそこまで入り込んで楽しめたらいいよね(笑)


最後までアクビ一つせずに、楽しく観れました◎

ただ。

虫が・・・・・・。
虫系が気持ち悪い(-_-lll


あとは、

ラストがどうかとは思ったけどね(^_^;
ちょっとびっくりした。

そんなん出してくんねやぁ〜・・・

面白かったからええけどぉ〜って(笑)



先輩は次回作ないかなぁって期待してるけど、
はてさて、ハリソン君。

まだ頑張れるのかしら。。。汗汗


| シルフ | 映画 | 17:16 | comments(2) | - |
『相棒 -劇場版-』を観て来ました。
やっと観に行けました〜〜〜〜楽しい

公開前から行きたくて行きたくてしょうがなかったんですよ汗
ロングラン、ありがとう〜拍手


TV版を全部見てるわけじゃないんですけど、好きなんですぉ♪
頭脳明晰、いいですね〜(^-^)


で、大ヒットしてる本作品。

も めちゃめちゃ面白かったですっっ!!o(≧▽≦)o

諦めずに映画館に観に行ってホント良かった〜汗汗


お話に無駄がないから、最初から最後までテンポよく進む。
推理していく過程もすごい面白い。
犯人の動機もしっかりしてて薄くないし。

事件に関係してる人間がみんな、何かしら裏のある顔をするから
それも気になってハラハラするし、予測を裏切ったりね。。。

後半って言うか最後の方は、もうボロボロ泣きました悲しい
泣けるんですよ〜。


本当に面白い、良い作品でした拍手


ここからちょっと内容のお話。
続きを読む >>
| シルフ | 映画 | 14:22 | comments(0) | - |
『隠し砦の三悪人』を観て来ました。
諸事情によりどーしても無理やり時間を潰さなければならなかったので、
観て来ました(-_-)汗

映画を観るつもりはまったくなかったんですよね。
なので、上映時間とか何もわからなかったんです。
たまたまこれが、すぐ観れたから観ただけ。

映画を観るなら、タダ券かレディースデーの水曜が常なので、
恐ろしく久しぶりに1800円払いました。
どう考えてもやっぱり1800円は高いよなぁ。。。(-з-)


さて、本作品。
シルフはもともとの映画は知りません。見たことないです。
なので興味はあったんですが。。。



面白くはなかったですね。。。


すごく長く感じましたしょんぼり

なんか確か映画の宣伝で長澤まさみが、

「ハリウッド映画のようにアクションとかスリリングで、
 観ていてハラハラ・ドキドキしっぱなしのすごく面白い映画です」

って言ってたんですよね。



・・・・・・ハリウッド?(-"-)

・・・・・・アクション??


どこらへんが・・・・・・??冷や汗


って感じです。


時代は戦国ですよ。
主演の松本潤と長澤まさみの2人が、コギレイすぎるしょんぼり
宮川大輔を見習え(笑)


阿部寛さんと椎名桔平さんは、カッコ良かったですね嬉しい
さすがです!拍手

漢(おとこ)です。

阿部寛は浪人を装ってるので、
小汚い面とカッコをしてます。
頭も髭もボッサボサですとも。

椎名さんは、敵の武将役なんでキレイですけどね☆
でも、昔の戦で阿部氏につけられた傷が顔にあります。
お互いの腕は認め合っている2人。

この2人の絡むシーンだけ、すごく良かったです楽しい
(最後も最後だけど・・・)
演技派のこの人たちの存在感はすごいです。


椎名さんは、阿部さんに
「共に天下をとろう!」
と誘うんですね。

それを断るんで、「ならば死ね」と刀勝負が始まるわけです。
で、阿部氏が勝利するんですが、
「武士ならば自分で死ね」と止めを差さずに部屋を後にします。

外に出たところで見上げると、窓から椎名さんが鉄砲片手に立ってます。
トリガーに指をかけ、
阿部氏を狙います。阿部氏も『はっ!』と目を瞠りますが、
その瞬間!

椎名さん、自分の喉に打ち放った!



漢ぞーーー!! o(T◇T)o



そこだけ。
そこだけ、すごくすごく良かった(^_^;


のに。
その後、爆発するシーンがあるんですけど、
すごいちゃっちい特撮モノを見ているよう。。。冷や汗

もうね、興冷め(-_-lll




さらに興冷めなのが、エンディング。

KREVAっているじゃないですか。歌手の。
どこに出てたか知らないけど出演してるからなんでしょうねぇ、
そいつが歌ってます。布袋と他1名でのユニットかな。

合わない!!(>△<)


あの人の歌が嫌いってのもあると思うけど、
でもラップよ? いや、あれラップか??
なんかよくわからんけど汗汗

ギター、ぎゅいんぎゅいんゆーてんの。
どーなのよ。。。しょんぼり




この映画って10日に始まったとこやんねぇ。
平日とは言え、ガラガラやった。。。


・・・・・・1800円、痛いわぁ・・・悲しい





| シルフ | 映画 | 21:38 | comments(2) | - |
『紀元前1万年』を観て来ました。
早速観に行って来ちゃいました楽しい

いや、面白かったとゆーか、良かったですvv
正直、全く期待してなかったんですよね、実は。(^_^;

そもそも、何故これが観たかったかって、
マンモスが出てくるからですもの!

マンモスだ、恐竜ちっくなもんだ、ピラミッド!
おまけに、CMで使われてた、
トラみたいなのに食われかけようとしてるシーン!

全てシルフの大好きなものたちです!o(≧∀≦)o


お話関係ありんせん。
それだけで、観るに値するのです。シルフにとっては。d( ̄ー ̄)


その映像見たさだけで行ってたから、
あの出来は予想外でしたね。

いや、いろいろツッコミドコはあったりするんですよ汗
シルフは全くわかんないけど、
知識のある人は時代考証的なものとかもそうだし、
やっぱりお話的に突拍子もないとゆーか、
練りが甘いとゆーか、なんでやねんみたいなとこもちらほらとね(^_^;

それでも。
最後まできっちり観れました拍手

シルフなんて、2か所で泣きましたから楽しい汗
相方に「何で泣くのか全くわからん」と言われたけど、
泣けましたよ(-з-)

・・・他に泣いた人がいるかわかんないけど、
いたとしても、きっとその人とは違う箇所だとは思うけどしょんぼり

なんかじーんとしたんだよね汗




ここからちょっとだけ中身の話に触れますね。





ピラミッドを作る奴隷を、各地の集落とゆーか、部族から
攫ってくるんですよね。

大切な女性を攫われたから、それを追いかけてゆくうちに、
同じ境遇の仲間と出会って1つになっていくわけなんですが。

呼び名に「ほぉ〜」ってひたすら感心してました。


攫った集団を追いかけてくうちに、
もうすぐそこってとこで、ある部族から
「大きな鳥が来た!」って聞かされるんです。

集団は最初、馬に乗って行動してたから、「4本足の悪魔」と呼ばれ、
その悪魔たちを「大きな鳥」が迎えに来たってことなんですけど。

シルフは、普通に見てたんですよ。今の感覚で。
マンモスとかいるんだから、それこそ恐竜の進化したデッカイ鳥が
さらに「4本足の悪魔」を食べる(襲う)のかなって。

慌てて後を追って砂丘を登り切ると、そこに広がる光景は、
河を帆を広げて進む、何隻もの船なんです。


瞬間に「鳥だびっくり」って思いました。
なるほどなぁって。

どうってことないシーンかもしれないけど、
シルフには衝撃的だったの。

帆を広げたその姿は、まさしく「大きな鳥」だった。

なんか変な所で、昔の人はすごいなぁ・・・って思った(笑)



ストーリー的に不満だったのが、
CMに使われてたトラ、サーベルタイガーちゃん。
もっと絡むのかと思った。。。悲しい

めちゃ少ない。
てっきり共に闘ってくれるのかと思ってた。
ざーんねん。

あとは、ラスト。
なんで?って思う。

ハッピーエンドなんやけど、どーゆーわけで?って。


それでも「ま、ええけど」って流せるけどね☆
みんなが幸せになれたら、それでええよねって。
頑張ったし。



それにしても、1つの目的のもと、
いろんな人達が協力してまとまっていく様を見るのは、
やっぱり気持ちよいし、好きだなぁ〜楽しい






| シルフ | 映画 | 23:19 | comments(0) | - |
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を観て来ました。
観て来ました〜拍手

公開前の告知を見た時から、
気になって気になって汗

基本的にファンタジーとかって、そんな興味そそられないんですが、
今回はどーしても見たかったの!

何故か!


答えはひとつ!

白クマに乗ってる! すごい!!
シルフも乗りたい!!o(≧∀≦)o


っていう。。。
ただただ、そのシーンが見たいだけ☆


全部CGなんだけどね。わかってるんだけどね。
動物の背に乗るってのは、やっぱり憧れるじゃないですかぁラブ

加えて、昨日書いたけど、ダイモンですね。
動物は好きです。
その世界観がちょっと興味深かったのとで、観に行きたい作品でした。


感想としては。。。。。。


・・・・・・微妙? (=ρ=)汗


こう、全てにおいて今一歩足りないとゆーか。。。
残念な感じ?汗

なんてゆーか、作りが雑でもったいないかなって。

雑って言っても映像とかの話じゃなく、内容がね。
全部いきなり。

いきなり現われて、始まって、即刻敵と味方が判明。

シルフの気に入ってた白クマも、
何の問題もなく、あっちゅー間にお仲間びっくり汗

『えー、もっとこう契約を結ぼう的な、
 利害の一致とか込み入った事情はいらんのん!?びっくり


その後の展開も早い早い汗汗
ライラが勝手にどんどん進んでいきます。
もう少し協調性を。。。冷や汗と思うほどに(笑)


この作品も3部作なわけですが、今作だけでは
人間関係とゆーか、誰も素性がよくわかりません。

人のつながりが見えません。
この人とあの人の関係とか、なぜ協力してくれるのかとか。

あとの作品で明らかになるのかしら。。。
そーゆー意味で、続編を見ないと何とも言えない作品。

あー・・・。
大きな戦闘シーンが1ヶ所だけあったんですけど、
この世界に魔法はないのかな?
戦闘がシンプル。

拳と銃と棒。

魔女も戦闘に参加するんだけど、
空を自由に飛べるってだけで、
攻撃は弓だったし。。。

白クマ以外、戦闘服とかじゃないしね^^;

戦争が起きるとか言ってるから、
次回からスケールが大きくなるのかしら??


あぁ、不満なのが、
この後、旅を共にする男の子がかわいくないこと!

その子はライラの親友なんだけど、
その子よりもビリーと言うジプシャンの男の子のが、
めちゃくちゃカッコカワイイ!!

その子がもっと見たい!!
ストーリー上、ビリー君は動ける体ではなくなってしまったし、
もともとそんな関係じゃないし。。。(T_T)

まぁ、彼らの状態を救う道を探す旅でもあるから、
3部ぐらいでまた出てくるかもだけどねしょんぼり

まったく。なんてことしてくれるのかしら(-"-)



ま。文句はそれぐらいで。
1部を観て、残ったことって、

『あぁー、ダイモン欲しいなぁ〜(>ω<)』


(笑)

| シルフ | 映画 | 23:25 | comments(0) | - |
『スウィーニー・トッド』を観て来ました。
バイト先の先輩と仕事終わってから観て来ました楽しい
レディースデーを利用して、1000円ですvv


切って 切って 切って。。。
ひたすら、ジョニーさんてば、切り裂いておりました(-д-lll


話に聞いてたのでは、後半がとにかくスプラッタやと。
ところが、意外に早くから血みどろでしたね汗

ミュージカルなので、歌いながらそれはそれは軽やかに、
シュパッ シュパッ シュパッ・・・。


かなり残虐な感じなんだけど、
単なる殺戮者ではないところが、目を背けさせない理由ですね。

すごく哀しい運命の人なんですよね、
ジョニー・デップ演じるスウィーニー・トッドなる人物は。


さすが150年間も世界中の人々を魅了し続けてきた物語。
本当によく出来たお話であるのと、
とにかく音楽が素晴らしかった!拍手

みなさんすんごい上手!びっくり拍手
誰もミュージカルスターとかシンガーとかじゃないのに
めちゃめちゃ軽やかに、のびやかに、情感たっぷりに歌うんですよね。

すごーい拍手


ジョニー・デップの歌声なんて初めて聞いたけど、
素晴らしいの一言ですよ。
ホントになんでも出来ちゃうんですね、あの人は。。。

トッドの共犯者である、パイ屋の女主人さん。
この人のパートってすんごい難しそうなのに、
いとも簡単にって感じでさらりと歌いこなしてるんですよね〜。

一途で可愛らしいです。報われないし、悲しい最期だけどしょんぼり


トッドの娘に恋する青年・アンソニーってのがいるんですが、
ジェイミー・キャンベル・バウアーと言う役者さん。
男前です(笑)
男前っちゅーか、キレイな顔立ちをしておられます。
その顔にふさわしく、とてもキレイで繊細な歌声でした。

重要な存在ぽかったのに、最後は置き去り冷や汗
彼と娘はその後どうなったのだろうか。。。


驚いたのが、後にパイ屋を手伝う少年。
この子の歌の上手いことうまいことびっくり拍手
演技も素晴らしかったし、かわいいし楽しい
成長が楽しみな子役ですね。

しかし、この少年がこんなにも重要な役どころとは。。。汗


トッドの復讐相手である、悪徳判事役-アラン・リックマン。
その子分的な存在の役人役-ティモシー・スポール。
実力者俳優である御二方。もちろん素晴らしかったです。

アラン・リックマンもトッドの娘を愛してるんですが、
それを切々と歌うトッドとのデュエットシーンは、
めちゃめちゃ聞き応えがありました。

復讐を果たすチャンスを窺いながら、調子を合せるトッド。
トッドが何者かまだ知らず、淡き想いを歌うアラン。
いつカミソリが喉元を切り裂くのか!
いやぁー、緊張しましたぁ〜(>_<)汗

ティモシーさん。
気持ち悪いんですよ(笑)
気持ち悪い。でも、目が離せない。
作り手の思うつぼさ。


血は怖かったけど、面白い作品だと思いました楽しい
ひたすら掻っ切るところは、その箇所を見ないようにしてましたから。

お話がしっかりしてるのと音楽の素晴らしさ。
見応えは十分あると思います。

ただラストシーンは意外っちゃ意外かな?
シルフと一緒に見た先輩との予想とは違うものだったから。

シルフと先輩の予想は同じだったんだけどね。
ただ、その予想だとキレイ過ぎるのかなって今は思う。

どんなに孤独で深い悲しみを背負っていても、
"殺人鬼"なのだから。。。




DVDは買っても見れない(>_<)汗
でも音楽は聴きたいから、サントラを買いました☆

ひたってますラブ


| シルフ | 映画 | 00:38 | comments(5) | - |
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観て来ました。
ブラッド・ピット最新作、
『ジェシー・ジェームズの暗殺』を観に行って来ました楽しいラブ

プラピ最新作なのに、
あんまりとゆーか、ほとんどとゆーか
宣伝がされないわ、1日の上映回数も少ないわで、
ご立腹のシルフです。

最初に観た感想を言っちゃいますが、
すごい良かったですよ!拍手

この間から原作を読んでる所なんですよ。
“プラピ絶賛!”ってオビに書いてる本があって、
どうやら今度の主演作らしいってことがわかって、
『じゃぁ、読んどくか』って買ったのね。

シルフは"ジェシー・ジェームズ"なんて人、全く知らないし、
"ギャング"なんてジャンルも実は好きじゃないし。
ドンパチモノはうるさいだけって思ってるから汗

ただただ、プラピの為だけに買ったわけですが。。。


これが、面白くなくてねぇ・・・しょんぼり
いや、まだ途中なんですけど、読むのが非常にしんどいの。
なんか解りにくいしね、時間の経過とか人物関係とか。

で、原作の方はスプラッタだしね、ドンパチばっかで(-_-)
こんなんの映像化は観るの辛いな・・・って思ってたぐらいで。

それでも今年は、観たいと思った映画は1つでも多く観に行くゾ!
と勝手に誓いを立ててるし、
なにより大好きなプラピだしってことで
行ったわけなんですが。

いやぁ〜、良かったですね♪

いわゆる"ギャングモノ"じゃないから。
心の探りあい・駆け引きと言った、心理ドラマなんですよね。

すごい静かです。淡々と物語が進んでいきます。
故に、ものすごく演技力が求められる作品です。

ジェシー・ジェームズを演じるブラッド・ピットの演技は、
本当に素晴らしいと思いました拍手
その一言に尽きます。

なんだろう。
もう劇中での存在がすごい!
ゾクッって寒気がするほどに緊張感が走ります。

そして、暗殺者役のケイシー・アフレック。
彼も良い演技してました〜拍手

先にも書いた通り、原作まだ途中までしか読めてないので、
誰が暗殺者なのか知らなかったんですね。

で、ブラピがジェシー役なら必然的にケイシーが暗殺者役。
彼の登場シーンで、名前がわかった途端、

やっぱりお前か!! p(゚Д゚;)


心で叫びましたね。。。


原作で登場するなり大っっっっっっっっ嫌いな奴だったんですよ。
性格も態度も全てが。

文面から伝わる、なよっちさ加減が、
それはそれは見事に演じられていて、
「イラッ」っとしました(笑)

後半に入っていくとそれも変わっていくんですよね。
崇拝から憎しみへと移り変わる心情が、
見事に演じきられていました拍手

納得は出来ないけど。
やっぱり嫌いな奴だけど。


この映画は映像にとても雰囲気があって美しいんですが、
特にシルフの好きなのは、初めの方なんですが、
夜間の列車強盗のシーンで、
白く漂う蒸気の中からブラピが現れるところ!

さすが!と感心させられるほどに美しくカッコ良かったですラブ


常に緊張感に溢れていたので、
最初から最後まで飽きることなく観れて、
シルフは満足な作品でした楽しいグッド

人によっては、淡々としすぎてて、
退屈で眠い作品と映るかもしれないけどね。。。




| シルフ | 映画 | 02:46 | comments(2) | - |
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』を観て来た。

パイレーツ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』

やっと観て来ました楽しい
ジョニー・デップ大好きラブ


面白かったです桜
面白かったけど、ちょっと長かった・・・。
2時間半あるわけですが、ちょっと途中、疲れました汗
余計な話があるわけでもないんですけどね・・・。

随所にぷぷっ(^ρ^)って言う笑いがあるし、
迫力はあるし、見応えは十分なんですが。。。


ジャック・スパロウは相変わらず、カッコイイですラブ
1作目の時に、ジャック派とウィル派(オーランド・ブルーム)に
友達の間でも分かれたんですが、
シルフは、ジャック派です楽しい

役者としてオーランドも大好きですが、
やっぱり、あの飄々としたジャック・スパロウには
誰も勝てないでしょー^^;


ただ、この映画の中で1つだけ納得いかないことが。
ストーリーのお話になるので、
これから観に行かれる方は、読まないほうがよろしいかと。。。






エリザベス(キーラ・ナイトレイ)とジャック・スパロウが
キスするんですよね。

それは、罠でもあり、本心でもあるわけです。

エリザベスは婚約者・ウィルとジャック・スパロウとの間で
気持ちが揺れ動いています。

仲間を置いて、自分だけ助かろうと一人船を降りたジャック。
それを見たエリザベスは「卑怯者!」と罵ります。

が、しかし!
ジャックは戻ってきた!

「戻って来てくれてありがとう」
「やっぱり貴方は善人」と彼女はキスをするのです。

熱い抱擁の隙に、なんと彼女はジャックに手錠をかけます。
「敵が狙っているのは貴方一人」と。

そうして、ジャックを船に残し、彼女が最後に船を降ります。
仲間はそんな経緯を知りません。
「ジャックは?」との問いかけに、
「自分が犠牲になると。。。」とウソをつく。
それを信じ、その想いを無駄にしないためにも、
残った仲間はブラックパール号から離れます。

ジャックの犠牲の下、助かった彼らは意気消沈。
誰もがあんな男は2人といない、と嘆きます。
ここで、納得いかないのが、エリザベス!

涙流すんですね。
悔やんでいるのか、彼の死を悼んでいるのか。

いやいや、お前に泣く権利はねーだろ!って腹が立ったの。
自分で誘惑して、罠に嵌めて。
ジャック一人の為に、みんなを危険にさらせない、
と切り捨てたのは、自分じゃんっ怒り


最後にね、預言者の人の家に立ち寄るわけだけど、
そこで、「ジャックを救うためなら何でも出来る?」と聞かれ、
彼女は「出来るわ」と即答するんですよ。


はぁ!? Σ(゚Д゚lll)

何を勝手なっ。。。!



ジャックがどんなにウィルやエリザベスを裏切っても、
あのコミカルなキャラでは憎めないんですが、
このエリザベスの涙には腹が立ったんですね。。。

キスするのもジャックを置き去りにするのも、
仕方ないと思えるとこがあるわけですが、
泣くのは違うと思って。

泣くのなら、後悔するのなら、
ちゃんと他の仲間に自分がしたことを告白してからにしろ。
何も言わず、ただ泣くのは
善人ぶってるだけじゃん(-"-)



と、痛烈批判するのは、シルフがおなごだからでしょうか。。。



| シルフ | 映画 | 23:11 | comments(4) | - |
『ブレイブストーリー』を観て来た。
昨日なんですけどね、お友達と観て来ました。

ピカデリーの券があって、『ブレイブストーリー』が28日まで
だったから。

すんごい力入れて宣伝してたし、
CMで見る限り、ちょっとじわっと泣けるし観たかったんですね。

相方さんには、すげなく断られたので悲しい
まぁ、一人で行く予定だったんですが、お友達がつかまった♪


で。


・・・・・・いまひとつ・・・でしたしょんぼり


原作を知らないので、原作のがいいのかどうかもわかんないけど。
とりあえず、力入れて作ったにしては。。。。。。

設定が甘いとゆーか、雑いとゆーか。
変に間延びしてたりとか、ブツ切れてたりとか。

子供から大人まで楽しめる作品、とうたってる割には、
やっぱり子供向け映画だな、と。

でも、CMで使われている、
松 たか子が声優を務めている、主人公の男の子が、

「最期なんて言うな!」
「一緒に帰ろう! ミツルー!!」


と叫ぶシーンでは、やっぱり胸がジーンと熱くなり、
ちょっと目に涙は溜まりましたね(ρ_<)


ミツル役のウェンツ君は、かなり頑張ってましたね拍手
上手だったと思います楽しい


ナビオではまだ上映しているのですが、
テーマが「自分さえ良ければ他はどうなってもいいのか!?」
とゆーことに一貫しているので、
小さいお子様に見せる分には、とても良いと思います嬉しい


で、全っ然 ストーリーに関係ないけど、
エンドロール見てたらね、
○○役 △△って出るの見てたらね、


ミツルって・・・・・・"美鶴"って書くんだ・・・(゚д゚)

ちょっと、その字はどうだろう・・・・・・冷や汗


と、ちょっと熱い余韻が冷めてった。。。。(-_-)



| シルフ | 映画 | 23:48 | comments(8) | - |
納得のいかない実写映画化。
引き続き、「納得のいかない映画化」ってテーマで。

以前にも『アニメの実写化は嫌いだ』って書いたことが
あるのですが、その中でも今、一番納得のいかないものがある。
何ゆえ実写化にする必要があるのか!


漫画 『DEATH NOTE デスノート』


『DEATH NOTE デスノート』はね、面白い作品なんです。
緻密な駆け引きと心理戦がすごい難しいんだけど、面白い!(>▽<)
芸能界とかでもファンの人が結構いたりする作品です。
ちなみに、hyde氏もその一人ラブ

人を殺せる「死のノート」を巡る"サスペンス"ってくくりです。
天才高校生が理想の社会を目指し、凶悪犯の粛正を繰り返し、
それを捕まえようとする天才捜査官の戦いです。
死神とかも登場するんですよ。

もう原作ファンからしたら、絵も世界観も全て、
自分の中で築き上げられてるわけですよ。
そこへ、アニメ化ならまだしも、何で実写なんやって話です怒りマーク

ちなみに主演が藤原竜也くん。
なんかね・・・。違うんですよね・・・しょんぼり
あの顔じゃないんですよね・・・。
演技力にはなんの問題もないけど、イメージがね・・・。

敵役の天才捜査官はね、ホントに異質で絶っ対
誰にも出来ないと思うんですよね。
誰の名前が挙がっても「違う!」って強く拒否反応出ると思う汗

なんか第1弾は6月公開のくせに、藤原くん以外の名前が
一切わかんないんですよね。シークレットなんですかね汗
ジャンプ本誌には載ってるのかなぁ。
ちなみに死神はCGを駆使するそうです。

ホントに何を思って実写化で話が進んだんだろう・・・_| ̄|○
どうせやるなら、アニメでやってくれ・・・。

そう思ってる人は、きっとすごく多いと思うゾ?

まずまちがいなく、映画館へ観に行く事はないな。。。汗


ついでにもういっこ。
どーでもいいっちゃ、どーでもいいんですけど^^汗

『テニスの王子様』

何故かこれも実写で映画化されますね汗
今日初めて、告知CM見てびっくりしましたびっくり

TVでアニメ放映してたんだから、
そのまま映画化すりゃーいいんじゃないの!?汗

一体、何を狙っているのでしょう・・・しょんぼり

| シルフ | 映画 | 01:13 | - | - |
映画化の必要があるの?
視聴率が非常に良かったからってことなんでしょうけど、
香取慎吾くん主演の月9ドラマ
西遊記が映画化されますね。


・・・・・・どうなの?


シルフはこのドラマの良さが全くわからないので、
何で視聴率が良いのかも謎だったくらいなんです。
そこへ最終回後すぐのスペシャルがあって、
そこで映画化の告知があったって言うじゃない。

そんなに面白い??冷や汗

シルフは、どーもあの香取くんのオーバーな演技が苦手です汗
彼の主演してきたドラマはことごとく合いませんでしたしょんぼり
まぁ、特別好きではないのでまず見ないんですけど。。。

香取くんの出たドラマで、良かったって思うのは、
いしだ壱成主演の『未成年』ってドラマですね。懐かしい。。。

知的障害者の役をしてたんですけど、良かったと思います拍手
お話自体は、ほとんど覚えてないんですけどね汗
難しい役をよくこなしてたと思う。

あともひとつ、『人にやさしく』ってドラマ。
香取くん・SOPHIAの松岡くん・極楽の加藤さん主演のドラマ。
あれは、香取くんらしい元気な役だったんだけど、
絆の大切さとかそーゆーのを諭してくれる内容で、
結構泣けて、良いドラマだったと思います嬉しい
完全に女の子向けのドラマですけどね^^汗

その2つですね汗
あとはもうなんか、目むいて血管浮かせて、大声で喋ってるって
感じが、うるさくてしょんぼり汗
わざとらしいのって好きじゃないんですよね。。。

だから今回の『西遊記』も何がそんなにウケて、
映画化とまで話が進展してるのか、すんごい謎(-_-)

完全な娯楽性が良かった、とか??


| シルフ | 映画 | 23:54 | - | - |
ハウルが来た!
今日は『ハウルの動く城』の発売日〜♪
早くから、自宅に届けられました〜拍手
わーい、楽しみ〜楽しい

早速、DVD、再生〜 (>▽<)σl


約2時間。
お、おも・・・しろか・・・った・・・かなσ(゚д゚)汗汗
ちょっと、微妙かも・・・・・・・☆

でも、ラストのラストまで、ハラハラ・ドキドキしながら見れた!
どうなるのよ、どうしたいのよ!?って^^
途中で飽きたりとかそーゆーことは、
一切、なかったです。画面の前に釘付けでした楽しい

一番気になってた、キムタクのハウル
最初は『おぉ!気にならない! 頑張ってんじゃんびっくり
って思ったけど、所々、が出てた。
そして後半はすっかりキムタクだった・・・・・・しょんぼり
それでも、嫌ってほどではなかったです。
集中して見る事はできました拍手

よくわかんなかったのが、ソフィーの呪いは
どうやって解かれたの??
で、なんでソフィーだとカルシファー(火)に水をかけても
大丈夫だったの??

他にも気になることがいくつか・・・・・・。


そうだな、最後にまとめた感想としては、
金髪のハウルが一番好きかな。。。

ってそこかよ!! (゚Д゚;)


失礼しました〜・・・・・・汗
| シルフ | 映画 | 22:50 | - | - |
劇場版『鋼の錬金術師』予約開始!!
やっと、web上にて予約が開始されました〜(≧▽≦)拍手
HP上では、発売日は2006年1月25日と早くから
掲載されていたのですが、どこも予約が始まらなくて
うずうずしてました汗汗

まぁ、解禁日とか厳しいですからね・・・。

とっくに映画放映は終わってたのに、なかなかDVD化に
ならないなぁ・・・と思ってるところへ、
まだ放映中のヨン様の四月の雪のDVD受付開始のが
早い上に、発売日も早いびっくり

こーゆーのは、どーゆー基準なんでしょうね・・・。


待ちに待ったハガレン!
じっくり内容を楽しむと共に、じっくり何度も何度も
ラルクのOP&EDを見るぞ〜P(^0^)ラブ

EDは、タイトルロールだが・・・。
でもね、この曲、ホントにかっこいいんですよ!!

そういえば、つい最近、新聞に載ってたヒットチャートに
何故かラルクの『Link』が4位だか5位だかに浮上してて、
すんごい驚いたびっくり

何で今頃、また??
ま、ファンにとっては嬉しい限りですが楽しい


で、今回のDVD。
やっぱりとゆーか、なんとゆーか。
完全限定生産版通常版の2種類が発売される。

悩むんですよねー・・・しょんぼり
『FF察戮裡庁孱弔了もさんざん、悩んだけど。
ま、今回のはグッズがつくわけではなく、
特典映像って形ですが。。。


欲しいDVDがたくさんあって、金銭的に苦しいよぉぉぉ悲しい
えぐえぐ。
でも、楽しみだよぉぉぉ。


劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (完全限定生産版)
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (完全限定生産版)
本編ディスク+メイキングを含む映像特典ディスクの豪華3枚組
<封入特典>
豪華ブックレット2種(インタビュー、原画など貴重資料満載)
ジャケットサイズイラストカード10枚

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)
本編ディスクのみ。
| シルフ | 映画 | 01:11 | - | - |
『ハウルの動く城』もうすぐ発売!
『ハウルの動く城』DVD
待ち遠しいですね〜(>∀<)ラブ
11/16 いよいよ発売です!!


いや〜、実はこれ映画館で観れなかったんですよしょんぼり
すんごい行きたかったし、観る気マンマンだったんだけど、
どうも上映時間との相性が悪くて、結局行けず・・・。

なので、DVD発売がとっても待ち遠しいのだ楽しい
もちろん、予約済みさっグッド

話の内容とか、実はほとんど知らない汗
魔法でおばあちゃんにされて・・・ぐらい^^;
なので、よけいに楽しみ♪
あ、誰も内容、書かないで下さいよ!?汗汗


『ハウルの動く城』のハウルの声がキムタクじゃないですか?
賛否両論でしたよね。
見た友達に聞いても、結構、真っ二つだった。

キムタクって言われないとわかんないよ。上手だった
って言う人と、
キムタク丸出しで、嫌だった
って言う人と。

うーん・・・。
シルフはどう思うんだろう・・・σ(-_-)
とりあえず、声がキムタクに決定した時は、反対派でした。


宮崎作品は好きです^^
って言っても、作品として好きなのは、
もののけ姫千と千尋の神隠しですけどね嬉しい汗
昔のは、よくわかんない。
難しい。何を象徴してるのか、とかが。

「トトロ」はかわいいので、好きですが。
と言っても、猫バスファンだけど^^;

『ハウル』が面白い事を願いつつ、
16日を楽しみに待つシルフでした。。。桜


ハウルの動く城
ハウルの動く城
本編DVD1枚+絵コンテ映像、原作者のインタビューなどを収録した特典ディスク1枚の計DVD2枚組。

ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き
ハウルの動く城 特別収録版 1/24second付き
本編DVD2枚+特典ディスク2枚の計DVD4枚組+
「1/24second」特典を同梱


| シルフ | 映画 | 17:39 | - | - |
『コープス ブライド』を観た。
ちょっと振り返って2日前の27日に、
ティム・バートンのコープス ブライドを観て来ました楽しい


良かったです! 面白かったです拍手
ティム・バートンは、やっぱりバツグンですね〜グッド

皆さん、普通にCGアニメーションだと思ってませんか??
違いますよ。
全てパペットで演じられた“ストップモーション・アニメ”です。

ストップモーション・アニメとは・・・関節が自由に動かせるように
作られた人形をセットに立たせ、照明を当て、アニメーターが
人形の手や足の位置をわずかずつ変え、ポーズを変え、しながら
1コマ1コマ撮影していきます。人形自体は静止しているから、
<ストップモーション・アニメ>と言います。

大変ですよね・・・冷や汗
そんな大変な作業を、ティム・バートンは
『チャーリーとチョコレート工場』と掛け持ちしていたんです!
どっちもブラックな世界なので、精神的に良くないよね^^;

そして、どちらにも主演しているのが、ジョニー・デップラブ
『チャーリー・・・』でキテレツなウォンカさんを演じた彼は、
『コープスブライド』で、見事に気弱で心優しい繊細な青年を
演じきっています拍手

ハマってました楽しい
まぁ、でも声はジョニー・デップだよって言われないと、
そうそう気づくもんではないと思うが・・・汗

ティム・バートンの世界は、いつもブラックでユーモアたっぷり!
あの絵、とゆーか、パペットには好き嫌いも出てくるだろうが、
(あれで、村一番の美人!とか言われてもね・・・汗)、
あの全てにおいて見事な出来を見れば、
文句はひとつも出てこないはず!
シルフはあのパペットから好きなんだけどね楽しい

内容は見てのお楽しみだが、これがなかなか感動させてくれます!
特に最後は美しい!
ちょっと鳥肌モノ(>_<)

『チャーリー・・・』の感想にも書いたけど、
とにかく音楽が素晴らしい!!拍手
ダニー・エルフマン最高っo(≧▽≦)o
バートンの世界にエルフマンははずせないっす!

ティム・バートンの世界の素晴らしさは、あの音楽と色彩。
ホント、観る価値ありですよvv

シルフは『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が大好き楽しい
ブラック感は『ナイトメアー・・・』のがキツイかな?
『ナイトメアー』も根強い人気ですよね楽しい

そうそう、余談ですが。
一緒に観に行った相方が仕事疲れの為、半分(以上)寝てたんです。
寝てはるわ・・・って気づいたら、一応足を揺らしてはみたんですが
どうやら無駄だったようで悲しい

所々しか見てなかった相方が、
もっかいちゃんと観たいなぁと宣ふので、
おそらくもっかい観に行くことになるでしょう・・・。
面白い作品なんで、全然OKグッド

・・・・・・でも、またタダ券なんですけどね汗汗
| シルフ | 映画 | 17:06 | - | - |
『チャーリーとチョコレート工場』を観ました♪
『チャーリーとチョコレート工場』を観てきました。
これは、かなり面白かったです!!
すごく出来のいい作品だと思いました楽しい

でも、好き嫌いは、すごくはっきり分かれる作品だとは思います。

シルフは、原作『チョコレート工場の秘密』も、
71年製作の『夢のチョコレート工場』も知らないので、
なんの先入観や知識もないまま、
この作品を観たのが良かったのかもしれません。

まず、何が良かったかって、音楽です!

作品中にいつくか音楽が流れるのですが、
それが、ロック調、ファンク調、フォークソング調・・・と、
全く違うメロディラインそれぞれにダンスが合わさります!
これが、すごいし、面白い拍手
何がすごくて面白いのかは、観ての楽しみです楽しい

それに、その音楽の入り方のタイミングが絶妙なんです(>▽<)
特に耳から離れないのが、ジョニー・デップ扮する主人公、
<ウィリー・ウォンカさんの歌>

ティム・バートンは、見せ方が上手いなぁ・・・拍手
このカラフルな映像も見事だと思います。
スパイスも効いてるしね^^
思わず笑ってしまうところが満載です。

映画のCMを観てれば解る事なので書きますが、
この映画は“金のチケット”を引き当てた幸運な子供達5人を
工場に招待する、というものです。

なので、当然子供が5人出てくるわけですが、
タイトルにも選ばれている、チャーリー以外の4人が、
それはそれは、むかつく子供でショック汗

いつも思うのですが、わがままで、可愛気のない役をする
子役って、本当にハマリ役なほど、憎たらしい顔をしてますよね。
今後、この子はこんな役しか回ってこないんだろうなぁ・・・しょんぼり
と、勝手に失礼な心配をしたりします。

家でパンフレットを読んでから知ったんですが、
ほとんどの映像がCGだと思ってたのですが、
実はかなりのものが、実際に作られているんです!びっくり

CMで映されている“チョコレートの川”もセットでした!
すごいですよね〜拍手

セットで実際に作り出せないもののみを、
最新のモーション・キャプチャー技術と
CGIで融合させたそうです。

観た方は是非、後からパンフレットを読んで欲しい。
驚くべき事実がたくさん、隠されているので!

ただ、最後に。
これは、ブラック・ユーモアたっぷりの作品です。
理屈は横へ置いて観て下さいね。
| シルフ | 映画 | 23:09 | - | - |
『亡国のイージス』を観ました。
2日前の8/31に亡国のイージスを観て来ました♪

面白かった、とゆーか、いい作品でした楽しい
やっぱり、演技の出来るいい役者さんが揃うと、
観ていて安心ですね拍手

上映時間も長いのですが、全く苦ではなかったです。
ホントにね、余計な部分が全然ないんですよ。

ただ、人間関係の部分が全て省かれ、
いきなり事件から始まるので、困惑しました。

間柄であったり、過去に起きた事件模様であったり、所属、
首謀者の狙いであったり。
そう言ったものが全て省かれてるんですよね汗

シルフは原作を読んでいないので、
そこらへんが上手く繋がりませんでした汗
どういういきさつでこうなったのか。
心理描写などがないんです冷や汗

なので、何を胸に今回の事件に加担したのか
と言う、強い信念が伝わらない、伝わりにくい。


せっかくいい役者を揃えているのにもったいない・・・。
しかし!
いい役者を揃えたからこそ、画面が映え、
2時間以上をもたす事ができた映画でもあります。

シルフとしては、映画→原作→映画で観る事をオススメします。
たぶん、解らないからと言って、先に原作を読んじゃうと
原作と違う!」と失望感が先に来てしまう
と思うんですね。

映画から入り、欠落した心理描写部分を原作で補ってから、
再び映画を観れば、よりぐっとくるんじゃないかなぁ。。。

上下巻に分かれてもあの分厚さ!
よくあれだけまとめれたものだと、
シルフは思いますよ拍手
また原作も読んでみようと思ってます♪

| シルフ | 映画 | 21:54 | - | - |
アニメの実写化。
シルフは、アニメの実写化が好きではありません。

最近、ここ数年特に激しいじゃないですか。
なんか、嫌なんですよね・・・。

アニメはアニメとしてそっとしといて欲しい(笑)
アニメだからいいんだってのが、たくさんあると思うんですよね。
わざわざ実写にする意味は、何なんだろう・・・・・・。

アニメで確立されたイメージが、壊される事の方が多いし。

それでも、紀里谷監督の『キャシャーン』は、面白かったけど。
あれは、ストーリー云々より、とにかく映像で魅せてたから。
CGを駆使した映像と音楽が良かった。
そして、役者さんも演技の出来る人たちが揃ってたので

あとの実写化された作品は見ようとも思わなかった。

そこへまた『タッチ』が完成した。
絶対見ないな。
今日の新聞に『はちみつとクローバー』実写化決定の記事。

『はちクロ』は今、すんごい人気なんだってね。
漫画の売上とかすごいらしい。
そーゆー話題なのを、何でも実写化すればいいってもんじゃ
ないと思うんだけどなぁ・・・・・・しょんぼり

とにかく話題のあるものを実写化したいなら、
それこそ何で『ドラゴンボール』はしないんだろう??
悟空の髪型があり得ないからか!?
「かめはめ波」はさすがに出来ないのだろうか・・・??

いや、それを言ったら、仮面ライダーたちの立場がないよね。
最近見たことないからわかんないけど、
今でも戦隊モノには、技の名前とかあるんだろうか??

あぁ・・・・・・、取り留めないところまできてしまった冷や汗
実写化反対派なんだから、どうだっていいんです、そんなこと。

とにかく、シルフはいい作品に巡り合いたいだけです!
演技の出来る役者さんと良い脚本。
頑張れ! 日本映画! p(^-^)q

| シルフ | 映画 | 16:29 | - | - |
『GODZILLA』
今日の21時からTVで『GODZILLA』やってましたね〜。
見ました。

以前に「見てない」って書いたんですが、
実は映画館でちゃんと見てました(>◇<)汗
全く内容も覚えてなくて、記憶から抹消されてました汗

でも見てたら、思い出しました拍手
あの超早いゴジラの動き!
増えるゴジラ!
細かい内容は忘れたまんまだったので、
新鮮な気持ちで見れました^^;

途中から『ジュラシック・パーク』にしか見えなかった汗
あのゴジラはどう見ても恐竜でしょう・・・。
本家のゴジラが何なのか、知らないけど・・・・・・。

ゴジラとしてではなく、恐竜映画として見てたので、
ハラハラしながら、楽しく見れました楽しい

最後、ゴジラが攻撃を受けるところは、
ちょっと悲しくなりました悲しい
「そないに攻撃せんでもぉぉ・・・(T◇T)」

倒れこみ、心臓音が弱まり、ゆっくり瞳が閉じられた時は、
非常に切なくなってしまいました。。。

よくあるパターンの終わり方で、お話としても
どうかと思うけれど、まぁ、ジャン・レノがかっこいいから、
いいかっ楽しい

そんなレベルです^^;

| シルフ | 映画 | 23:45 | - | - |
『劇場版 鋼の錬金術師』
すごく久しぶりに映画館へ行った。
目的は、劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』

理由:
.謄譽喩任鬚困辰噺てて、好きだったから。
OP&EDをラルクが担当しているから。
ピカデリーの鑑賞券を持っていて、
   他に観たい作品がなかったから。

とまぁ、そんな理由が重なりまして行って来ました楽しい
特に△どのように使われているのかが、
気になって仕方なかった汗

子供連れや女の子同士が多いのかなって思ってたんですが、
意外にカップルさんが多くて驚きましたびっくり
男の人同士で来てる人たちもいました。
あと、年配の方とかもいて、ホントに年齢層が広いのにびっくり☆

そうそう!
もいっこびっくり!
パンフレットが高い!!
1200円!!冷や汗

普通、高いなって思っても800円じゃないですか。
せ、1200円って汗汗
あ、2種類あって、ポスターパンフレットなるものは、
500円なんです。
でも、両面ポスターだし、結構デカイんで、見にくそう・・・。

さてさて、内容は・・・・・・。

いや〜、良かったです!
面白かったです楽しい
TV版からそうなんですが、作りがとてもしっかりしてて、
いい作品に仕上がってると思いました♪

もちろん、もう少しこうして欲しかったな・・・って思う所も
ありましたが、十分に良い作品で大満足です拍手

ちなみにシルフはいたる所で泣きました汗
どばーっと号泣ではないんですが、
必死に涙は拭いました^^;
いやいや、胸が締め付けられました。

「観に行こうかな」とか、少しでも興味をお持ちの方は、
観に行って損はないと思います。
ただ、TVシリーズを見てないと、
ちょっと世界観が解りづらいので、レンタルなどしてから
行った方が良いでしょう。

そして、ラルクファンは安心して観に行って下さい。
OPは上手に使ってくれているし、
EDは見事に内容とシンクロしてて、曲だけ聴いてた時よりも
更にカッコ良く感じますラブ

| シルフ | 映画 | 23:40 | - | - |
『ロボッツ』の試写会に行って来た♪
今日は映画『ロボッツ』の試写会でした♪

以前に日記で、“せっかく試写会が当ったのに、
仕事が休めず行けない!”って書いたんですが、
なんと、希望休を取っていた人が、
「私の用事は夜からだから、早番出勤しようか? 譲ったげるよ嬉しい
なんて、心の広いことをおっしゃってくれて、
無事に観て来る事が出来ました楽しい拍手
ありがとう 先輩!
用事のある時はいつでも遠慮なく言って下さいね!

『ロボッツ』はアニメ映画です。
『アイス・エイジ』の監督作品です。(←観てないけど^^;)
番宣もよく流れてるので知ってる方も多いと思いますが、
SMAPの草剛くんが日本語吹替えをすることで話題になりました。
30日から公開なのかな?

日曜日だし、まぁアニメ映画だしってことで、
すごい子供連れが多かったです。
ワーキャーワーキャー騒ぐので、本編始まってもこのままだったら
どうしようかと、かなり不安でした冷や汗
あ、もちろん大人の方もたくさんいました。
家族かカップルさんかって感じでしたね^^

で、内容は。。。
面白かったですね楽しい
実を言えば、全く期待してなかったので汗
面白くてラッキー♪
ストーリー自体はてんで普通のお話なんですが、
所々に散りばめられた、ユーモアたっぷりの遊び心が
いい感じに笑えます。
爆笑!とかではないです。「ぷぷ(^m^)」って感じ☆
・・・お子さんは大爆笑してましたけどね汗
スピード感もあり、観てて飽きませんでした。
観れて良かったと思った映画でした◎

最近の映画は、とにかく技術がすごいですよねびっくり
CGやら何やら、専門的なことは解りませんが、
とにかくキレイだし、本物みたいだし、迫力がある!
どこまでいくんだろう・・・って感じです。

シルフは映画大好きなので、いろいろ観たいんですが、
いざ、休日になると疲れて家から出たくありませんしょんぼり
そうやって、観ずに終わっていく映画が増えてきた今日この頃。

いかん!
観たい!と思ったものは、絶対観に行くぞ!p( ̄^ ̄)q


・・・・・・と、いつも心に誓ってはいるのだが・・・・・・_| ̄|○汗
| シルフ | 映画 | 23:27 | - | - |

Calendar
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ


SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

PROFILE

OTHERS

PageTop